株式会社東京ドーム

印刷印刷 サイトマップサイトマップ テキストサイズ:

IR情報

個人投資家のみなさまへ

よくわかる東京ドーム 事業内容

1936年に3事業でスタート

1936年、プロ野球の発展を図り、都心にプロ野球専用球場をつくることを目的に(株)後楽園スタヂアムが設立されました。翌1937年には後楽園スタジアム(後楽園球場)が完成し、野球に加えて野天興行と貸ガレージという3事業体制でスタートしました。その後、競輪場建設を皮切りに、スケート場や遊園地、ボーリング場など、時代のニーズに合わせてさまざまな施設をオープンさせ、周辺エリアの多目的使用を推進。

1949年には東京証券取引所、大阪証券取引所(〜2009年)に株式上場を果たしました。
さらに、リゾート事業やシティホテル事業にも進出するなど、多角経営にも着手しました。
1988年には会社創立50周年記念事業として東京ドームをオープン、1990年には社名を「(株)東京ドーム」と変更し、現在に至っています。

 

創業以来、レジャー産業のパイオニアとして人々に笑顔と感動を提供し続けきた(株)東京ドーム。これからも時代の変化に柔軟に対応し、常に新しいことにチャレンジしていきます。

 

都市型レジャースタイルを提案

東京ドームグループは、東京ドームシティを中心として、お子様から女性、ファミリーまで幅広い方が楽しめる、様々なレジャー・エンタテインメントを創造しています。これからも、一人でも多くのお客様に「笑顔」と「感動」をお届けできるよう、日々試行錯誤し、創意工夫を重ね、東京ドームグループでしかなしえないイノベーションを創り続けます。

東京ドーム事業 流通事業 不動産事業 熱海事業
札幌事業 競輪事業 そのた事業

個性豊かな営業施設

日本初の全天候型多目的スタジアム「東京ドーム」、都心の天然温泉「スパ ラクーア」、格闘技のメッカ「後楽園ホール」、宇宙を楽しめるエンタテインメントミュージアム「TeNQ」など、個性豊かな営業施設の数々を運営しています。


事業・施設紹介の詳細はこちら

よくわかる東京ドーム
歴史 理念 事業内容 強み
投資対象としての東京ドーム
業績 成長性 株主還元 株主になりませんか
ページの先頭へ